fnwiyaBlog

EmacsとかLispとか可視化とか

PythonのフレームワークBotleが便利

Botleとは

公式サイト Pythonの軽量フレームワークです。
PythonといえばDjangoが有名ですが
良くも悪くもフルスタックフレームワークなので覚えることも多く、
さくっとなにかをやりたいときには手間だったりします。
その点Botleは単一ファイルで構成されており、
使い方もわかりやすいので
Pythonは覚えた。さぁ次は動くものを作るぞっという方にはおすすめだと思います。
ソースコードリーディングにもいいですね。

使い方(公式に則る)

適当な作業ディレクトリで

pip install bottle

次にそのディレクトリ内にhello.pyというファイルを作って

from bottle import route, run, template

@route('/hello/<name>')
def index(name):
    return template('<b>Hello {{name}}</b>!', name=name)

run(host='localhost', port=8080)

と記入します。

その状態でコマンドライン

python hello.py

これで locahost:8080/hello/自分の名前 にアクセスすると
自分の名前にHelloしてくれます。

これをDjangoでやろうと思ったら
urls.pyに書いて、views.pyいじって、、、。

他の機能(テンプレートエンジンなど)を追加することで
本格的なアプリ開発も可能みたいなので
Djangoの勉強も続けますがBotleも平行して使っていきます!