fnwiyaBlog

EmacsとかLispとか可視化とか

全部Emacsに任せればいいってわけじゃない話

自分のパソコンの使い方は
Emacsでコードを書く(35%)
Chromeでwebブラウジング(35%)
・Slack/Lineでのコミュニケーション(10%)
・エバーノートでタスク管理(10%)
・Office系資料作成(5%)
・その他(5%)
です。

その気になれば
Chromeでwebブラウジング(35%)→EWW
・エバーノートでタスク管理(10%)→ evernote-mode
等々で置き換えることは可能です。
しかしそれをしていない理由は
1.Emacsの起動が遅くなる(これは読み込みの設定で回避できる部分もある)
2.コードに集中できずwebブラウジングを始めてしまうかもしれない
3.Chrome拡張機能の便利さが捨てられない
などが主な理由です。
シンプルでミニマルが好きなのは間違いないですが、
すべてを一元化して取り扱うことがかえってカオスな状況(ブラウザの拡張機能入れ過ぎ状態に近い)を生み出す可能性もあるので
適材適所、最低限の必要を
でいきたいですね。

P.S
カラースキームがようやく落ち着きました。
Base16のモノトーン部分をocean、カラー部分をflatからもってきてmixしました。

https://github.com/mkaito/base16-emacs

f:id:fnwiya:20150825004335p:plain

かなり好みなので楽しくコードかけてます。
今はpopwinを使っていかに余計なバッファーを開かないか探求中です。
またいいtipsができたらご報告します。